ニュース一覧

万が一に備える安心の装置

女性

的確で速い人命救助を

外出先やスポーツ中、労働作業中などに突然倒れ、救急車で病院に運ばれたものの残念ながら亡くなれたり、意識がない状態が継続したり、半身不随などの後遺症が残ってしまうケースがあります。一方で心筋梗塞などの場合、蘇生措置が早期にできれば、死亡リスクや後遺症が出るリスクを減らせるともいわれ、AEDの導入が注目を浴びています。一般の方が一人で心臓マッサージや人工呼吸を行うのは不安があったり、焦って上手くいかないケースもありますが、AEDを用いた適切なガイドやサポートを利用しながらであれば、一人の力では難しい方でも適切に実施できる可能性が高まります。突然の心臓発作などのリスクは何処で起こるか分かりませんので、人が集まる場所や激しい運動などをする場所、日々仕事を行う場所などには設置されていると安心です。たとえば、駅や公共交通機関、運動場やスポーツ施設、公園をはじめ、コンサートホールやライブ会場、商業施設や会社のオフィスや工場、作業場などが挙げられます。もっとも、AEDを導入しても使い方が分からない、使ったことがないからいざという時に役立たないでは意味がありません。AEDの導入とともに設置した企業や店舗、事業所にてスタッフに救命救急講習を受けさせるなど、AEDを使いこなせるように講習を受けたり、トレーニングを積んでおくことも大切です。使い方が分かっていても不安を感じる方もいるので、人命救助の大切さを理解するVTRなどの補助教材も利用しましょう。