ニュース一覧

日頃から点検を行うこと

ハート

日頃から点検を行うこと

急な心停止に備え、公共施設やショッピングモールなどでAEDの設置が推奨されていますが、いざという時に正常に使えるように定期的な点検が必要となります。AEDでつかう電極パットやバッテリーには使用期限があり、交換を忘れると体に付着しずらくなったり電気ショックのための電力の充電ができなかったりといったことが原因で正常な除細動作業ができなくなる可能性があります。またAEDのインジケータの表示を確認するなど動作そのもののチェックも定期的に行わなければなりません。特にバッテリーに関しては設置しているボックス等から電源を取る充電式のものと勘違いされがちですが、使い捨てのものになります。ですので定期交換のタイミングを正確に把握して漏れのないようにチェックしなければなりません。またメーカーや型番によってバッテリーのタイプが異なるので機種に合わせてメンテナンスをしていくことが必要となります。電極パットに関してはパットに使用期限のラベルが通常ついているものです。また一度使ったパットは使いまわしができないため、予備を保有するのが通常の運用となるので、その分の使用期限の管理についても意識しておきましょう。AEDマップへの登録を行った機器であれば、点検状況が設置場所のアイコンの色で確認することが出来ます。点検をすることが最も重要ですが、使える機器がどこにあるかの情報を正しく公開していくことも非常時の備えとして大事なことです。一人でも多くの人を救うことができるように整備を怠らないようにしましょう。