ニュース一覧

日頃から点検を行うこと

ハート

急な心停止に備えAEDの設置が推奨されていますが、部品などには使用期限があります。いざという時に正常にAEDによる除細動ができるように日頃から点検を行い、その点検結果の情報をAEDマップ等にて情報公開することが重要です。

詳しく見る

万が一に備える安心の装置

女性

人が多く集まる場所やスポーツ施設、会社のオフィスや事業所ではいつ何時、具合が悪くなる人が出るとも限らず、死亡リスクなどを避けるために緊急措置が求められます。そのサポートをしてくれるのがAEDですが、単に装置を設置するだけでなく、スタッフの救命救急講習の受講やトレーニングも併せて実施しましょう。

詳しく見る

命を助ける電気ショック

AED

特徴と注意点

AEDは自動体外式除細動器という機械の略称です。これは、心電図の解析を行い、心室細動の状態である場合に電気ショックを体内に送り込み、正常な拍動に戻すために開発された機械です。道端や公共施設の中で倒れている人がいる場合、昔は心臓マッサージや人工呼吸による応急処置が一般的でした。しかし、AEDが開発され、社会に普及するようになってからは従来の処置に加え、AEDの電気ショックによる処置を加えることで、より有効な処置が可能になりました。AEDは使用する際に、音声により使い方のアナウンスが流れるようになっており、誰でも使用できるような配慮がなされています。この際、AEDは倒れている人の拍動を読み取りますが、時折、電気ショックは不要であるとのアナウンスが流れることがあります。これは、拍動が正常に戻ったことを意味するわけではなく、現在の心臓の状態が、AEDの電気ショックによる処置に適さないことを意味します。よって、心臓マッサージや人工呼吸による処置は別途必要になります。AEDは図書館や学校などの公共施設をはじめ、コンビニエンスストアの店舗などに多く設置されています。また、このような施設がAEDを屋外に設置することによって、いつでも使用できるように配慮がされている場合もあります。このようにAEDが社会に普及したことにより、医学の知識のない人達でも適切な応急処置が可能になり、助けることのできる命も増えたのです。

導入するための3つの方法

AED

不特定多数の人が出入りする場所においては、AEDの設置が求められています。AEDの導入には、「購入する方法」「レンタル契約する方法」「寄贈を受ける方法」という、大まかに3つの方法が考えられます。それぞれのメリット・デメリットを考慮し、導入を検討する必要があります。

詳しく見る

簡単に救命措置が行なえる

心電図

AEDを導入するにあたり費用面などで購入が難しい場合は、レンタルAEDを利用するのも良いでしょう。レンタルであれば月3000〜5000円程度で利用できるので、導入を考えている方はレンタルも選択肢に入れるのがお勧めです。

詳しく見る

もしもの時の備えの為に

AED

AEDの導入の際に注意したいのが配置数です。AEDは1台あるから安心と言うものではありません。導入する施設の規模に応じて適切な数と適切な配置場所を検討するのが大切です。実際に必要になった時に効果的に使用出来る様に事前にしっかりと準備を行いましょう。

詳しく見る